事件・事故

吉葉仁一 顔画像とFacebook調査 自分の権限で給料を水増ししギャンブルしまくり生活!

栃木県下野市役所で、
給与を担当する職員の
下野市総務人事課人事給与グループ主幹、吉葉仁一容疑者が、
自分の給与額を水増しして、
不正に多く受けとったとして、詐欺の疑いで逮捕された。

職権乱用もいいところの事件です。
その詳細を見ていきましょう。




【吉葉仁一容疑者のプロフィール】


名前:吉葉仁一(よしば・じんいち)
年齢:49才
住所:不明
職業:栃木県下野市総務人事課人事給与グループ主幹

顔画像やそれ以外の情報を調査するべく、
FacebookやTwitterをお調べしたのですが、
本人アカウントを特定することができませんでした。

引き続き、調査をして判明次第、
こちらにてお知らせをいたします。

勤務していたと思われる「下野市役所」は以下の場所にあります。

人事課ということから考えると、
市役所に勤めていたと考えられます。

人事を握る人ですから、
とても大事なボジションですね。




【事件の経緯について】

2017年9月上旬、下野市役所総務人事課の事務室で、
給与を水増しした公文書と虚偽の振り込みデータを作成し、
給料日の同月15日、同容疑者名義の複数の預金口座に入金、
だまし取った疑いが持たれています。

県警によると「ギャンブルや借金の返済にお金が必要だった」と供述している。

吉葉容疑者の給与額の計算は、
同容疑者自身が1人で担当。

月給は最大で300万円以上、
賞与は500万円以上を受け取っていたという。

県警は、数年前から不正に受け取った総額は
3000万円を超えるとみて、裏付けを進めているとのこと。

企業であれば、給料の振込関係の立場の人を1人だけにせず、
不正がないかをチェックする機関が設けられて然りです。

ただ、市役所という機関というわけではないですが、
性善説にたった上での仕事だと思われるので、
まさか不正を働いていたとは、
上司や関係者は全く気づかなかったのでしょう。

数年間も不正を働いていて、
収支が合わない事実を見つけられなかったということから考えると、
チェック機能が働いていなかったことになります。

その盲点に気づいたからこそ、
吉葉容疑者は犯行を思いつき、
実行に移したのではないでしょうか。

公務員という立場では、副業もできず、
給料しか収入がないために、
不正を働くしかなかったのかもしれませんが、
あまりにもお粗末な結果だと思います。

企業から見れば、固い仕事と思われても、
このような事件を見ると、
中身はゆるゆるではないかという印象を持たざるを得ません。

今回の犯罪を機に、
市役所のチェック機能もしっかりとしてほしいと願います。




ピックアップ記事

  1. 運動は必要?
  2. 友達になる前のメッセージは迷惑メール扱い??
  3. 自己紹介欄は履歴書?
  4. スイーツを考える
  5. 野菜ジュースって体にいいの?

関連記事

  1. 事件・事故

    森健太郎 顔画像 逮捕!犯行現場特定 年下社長の首をしめて、何を狙っていたのか!

    勤務する建設会社の女性社長を殺害しようとしたとして、宮城県警仙台中…

  2. 事件・事故

    豊中アパート火災火事 12月8日 画像 連絡が取れない4人はどこに?

    2017年12月8日午後7時35分ごろ、大阪府豊中市服部豊町2のア…

  3. 事件・事故

    愛知県豊田市京町2丁目 乳児心肺停止 両親による虐待の可能性 頭の骨を骨折するほどの致命傷!

    11月11日夜、愛知県豊田市のマンションの一室で、0歳から1歳…

  4. 事件・事故

    茨城県神栖市日川 出会い頭の衝突事故 事故現場特定 79才内野喜八郎さん死亡

    1月8日午前、茨城県神栖市の交差点において、軽乗用車と乗用車が出会…

  5. 事件・事故

    木下康雄(宗教家) わいせつ行為 逮捕 お祓いと言いながら女性の胸を触る!佐古木講の実態は!

    宗教行為のおはらい名目で女性の胸を触ったとして1月6日、強制わいせ…

  6. 事件・事故

    佐藤和洋 CBC元支社長 逮捕 自宅放火未遂 実は過去に前科があった!

    2017年12月18日、現住建造物等放火未遂の疑いで、TBS系列の…

スポンサーリンク

最近の記事

最近のコメント

    1. ダイエット

      何を食べれば良いですか?
    2. ダイエット

      スイーツを考える
    3. ダイエット

      野菜ジュースって体にいいの?
    4. Facebook

      友達になる前のメッセージは迷惑メール扱い??
    5. Facebook

      フェイスブック更新が全ての始まり
    PAGE TOP