事件・事故

菅原武男 顔画像Facebook調査 犯行現場特定 カッとなっても愛する妻との未来を悲観した!

北海道小樽市で菅原武男容疑者が妻を包丁で
切りつけて殺害しようとしたとして、
殺人未遂の疑いで逮捕されました。

どうして、こうなってしまったのか、
その詳細をお伝えします。



【菅原武男容疑者のプロフィールとは?】

名前:菅原武男(すがわら・たけお)
年齢:85才
住所:北海道小樽市花園3丁目
職業:無職

夫婦で仲良く余生を暮らす生活だと思いましたが、
ちょっとしたことからその生活が崩れることがあります。

今回、妻の介護をすることで、
今まで世話をされていた人がする側に回ったことによって、
いろんなストレスを感じてしまったようです。

顔画像を探すために、
フェイスブックやTwitterを調査しましたが、
本人アカウントを特定することはできませんでした。

引き続き調査をしますが、
高齢のため、Facebookやツイッターに取り組んでいない可能性もあります。

何か新しい情報が判明したら、
こちらにて追記をさせていただきます。



【犯行現場はどこ?】

報道によりますと、犯行があった地域は、

「北海道小樽市花園3丁目」

報道で公開された自宅写真

の両方で調査したところ、
以下のマンションがヒットしました。




建物の形状が一致したので、
こちらのマンションで間違いなさそうです。

【事件の詳細について】

菅原容疑者は1月19日午後10時ごろから20日午前1時40分ごろの間に、
自宅で80代の妻の首や頭などを包丁で
切りつけて殺害しようとした疑いが持たれています。

妻は病院に運ばれたが意識はあり、命に別条はないという。

警察の調べに対し、

「介護をめぐって妻と口論となり将来を悲観して殺そうと思った」

などと容疑を認めているということです。

警察によると、菅原容疑者は3か月ほど前から
足を骨折した妻の介護をしていたということで、
介護疲れが原因で犯行に及んだ可能性もあるとみて調べを進めています。

年を取ってから、介護をするということを考えると、
死ぬまでずっと続いていくとイメージされてしまったのでは無いでしょうか。

出口が見えない、果てしないループのごとく、
毎日の介護をしていく中で、
菅原容疑者自身も心が病んでいたと思います。

小室哲哉さんも介護で疲れていったように、
一般の人ならなおさらだと思います。

若い時と違い、治癒スピードも
かなり遅くなっている状態であると予想されるので、
余計に未来を悲観してしまったことでしょう。

結果的に妻を傷付けてしまう行動になってしまいましたが、
最悪のことを避けられただけでも良かったと思います。



ピックアップ記事

  1. 一日何回食べていますか?
  2. プロフィール写真はお見合いレベルで
  3. 野菜ジュースって体にいいの?
  4. 自己紹介欄は履歴書?
  5. Facebookのカバー写真は何のためにある?

関連記事

  1. 事件・事故

    武居直人 逮捕 未成年へのみだらな行為で 高校教諭の乱れた性生活はSNSから

    また、教員の不祥事が発覚!女子中学生にみだらな行為をしたとして…

  2. 事件・事故

    岡部勝彦 顔画像あり Facebook調査 個室マッサージは性的な裏サービス満載のお店だった!

    風俗営業が禁止されている地域で性的なサービスを行ったなどとして、警…

  3. 事件・事故

    大阪府堺市 ドラム式洗濯機死亡事故 現場はどこ?なぜ洗濯機に入ってしまったのか?

    堺市堺区の住宅で27日午後3時ごろ、「洗濯機の中に子どもが閉じ込め…

  4. 事件・事故

    橘高ゆかり 顔画像とFacebook調査 4億8千万円着服した生活は豪華ざんまいだった!

    三井住友銀行のオンライン端末を不正に操作し、合計で4億8千万円も着…

  5. 事件・事故

    中村通 顔画像 ひき逃げ逮捕! プロゴルファーがOB過ぎる対応で出場停止か!

    またショッキングな報道がありました。自動車運転処罰法違反(過失…

  6. 事件・事故

    神戸市長田区 ひったくり事件 犯行現場特定 帰宅途中の女性を狙い怪我を負わせて自転車で逃走中!

    神戸市長田区で1月2日夜、34歳の女性が自転車の男に現金3万円入り…

スポンサーリンク

最近の記事

最近のコメント

    1. ダイエット

      食べ過ぎた時の対処は?
    2. Facebook

      フェイスブック更新が全ての始まり
    3. ダイエット

      スイーツを考える
    4. ダイエット

      何を食べれば良いですか?
    5. Facebook

      カバー写真もマーケティング
    PAGE TOP