事件・事故

実川佳代 逮捕 千葉県横芝光町 自転車男児を車ではねて意識不明の重体に!

年の瀬にまた悲しい事故が発生しました。
自転車に乗っていた子供が、
車を運転していた実川佳代容疑者がはねられて意識不明の重体になりました。

その詳細を見ていきましょう。



【実川佳代容疑者のプロフィール】

名前:実川佳代
年齢:68才
住所:自称パート従業員
職業:千葉県横芝光町於幾

実川容疑者の顔画像をFacebookやツイッターで探しましたが、
現在見つかっておりません。

今後、詳細などが判明しましたら、
こちらにてお知らせをしていきます。

事故現場の横芝光町(よこしばひかりまち)は、
2006年(平成18年)3月27日に千葉県山武郡横芝町と匝瑳郡光町が合併し、
新たに発足した町です。 千葉県北東部に位置する人口約2万人の町。

昔より農業(稲作)と漁業が盛んな町です。

著名人として、

あの日本地図作成で有名な「伊能忠敬」
大相撲出身の「小錦八十吉」

のお二人がいらっしゃいます。



【事件の経緯について】

千葉県横芝光町坂田の町道交差点で2017年12月30日午後1時ごろ、
自転車に乗った10歳ぐらいの男児が
左から直進してきた乗用車に出合い頭にはねられました。

男児は頭などを打ち、病院に搬送されましたが、
頭蓋骨骨折やくも膜下出血で、現在意識不明の重体ということです。

自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで
車を運転してい実川佳代容疑者を現行犯逮捕しました。

男児の身元確認を急ぐとともに詳しい事故原因を調べています。

実川容疑者は「全く気が付かなかった」と容疑を認めています。

男児は兄とコンビニから自宅に帰る途中で、
実川容疑者は自宅からパート先に向かっていたということです。

現場は信号機や横断歩道、一時停止のない見通しの良い十字路での事故でした。

スピードの出し過ぎや前方不注意などの可能性がありますが、
見通しが良い道路ということなので、
いきなり兄弟が道路に飛び出したのか、
実川容疑者の運転ミスのために事故になったのかは現在わかりません。

ただ、事故にあった男児がかなりの重傷のため、
命の危険も考えられます。

懸命の治療が続いているとは思いますが、
何とか回復するのを祈っています。

年末年始に起こる事故は、
いつもとは違う雰囲気になり、
通常の時は大丈夫なことも事故になる場合があります。

高速道路もペーパードライバーが多く運転する時期になり、
そのため、事故も増えやすくなりがちです。

この事故だけに限らずに、
年末年始を楽しく過ごすために安全運転で移動されるようにしてください。



ピックアップ記事

  1. スイーツを考える
  2. プロフィール写真はお見合いレベルで
  3. 食べ過ぎた時の対処は?
  4. Facebookのカバー写真は何のためにある?
  5. カバー写真もマーケティング

関連記事

  1. 事件・事故

    加藤真詩 顔画像 逮捕 欲望のまま女性に抱きつきわいせつ行為!この男を野放しにするな!

    東京都足立区の路上で女性に抱き付いて下半身を触ったとして、加藤真詩…

  2. 事件・事故

    北海道 湧別町役場前 正面衝突事故 道路がアイスバーンでお互いに避けられず1人死亡!

    2018年1月2日未明、オホーツクの湧別町(ゆうべつちょう)の国道…

  3. 事件・事故

    田村洋平 顔画像やTwitter特定 Facebookは? 女子高生を利用して荒稼ぎするための縛りは…

    17歳の女子高校生にわいせつな行為をさせたとして、田村洋平容疑者が…

  4. 事件・事故

    リニア工事入札不正 大林組強制捜査へ 巨大プロジェクトに潜む闇は深かった

    大手ゼネコンの大林組に対して、東京地検特捜部の強制捜査が入ったという報…

  5. 事件・事故

    柿元泰孝 由加里 遺棄致死容疑 再逮捕 監視カメラで衰弱していく柿元愛里さんを見ていた!

    大阪府寝屋川市の住宅で柿元愛里さん(33)が衰弱死した事件で、大阪…

  6. 事件・事故

    吹田徳洲会病院 輸血ミスで死亡!? 命に関わる輸血間違いで患者は大丈夫か!

    大阪府吹田市にある、吹田徳洲会病院は29日、誤った血液型で輸血する…

スポンサーリンク

最近の記事

最近のコメント

    1. Facebook

      Facebookのカバー写真は何のためにある?
    2. ダイエット

      一日何回食べていますか?
    3. ダイエット

      食べ過ぎた時の対処は?
    4. Facebook

      自分の投稿がコンテンツになる
    5. ダイエット

      運動は必要?
    PAGE TOP