事件・事故

岡村日出義 顔画像と動機を調査! 日頃からのストレスが原因だった!

25日午後、愛知県名古屋市の病院の診療室で、
男性医師をナイフで刺し殺害しようとしたとして
68歳の岡村日出義容疑者の男が逮捕された。

その詳細を見ていきましょう。




【岡村日出義容疑者のプロフィール】


名前:岡村日出義(おかむら・ひでよし)
年齢:68才
住所:愛知県名古屋市瑞穂区
職業:無職
岡村容疑者の顔画像をFacebookやTwitterで調査したのですが、
本人のアカウントを特定することができませんでした。

引き続き、調査をして何かわかりましたら、
こちらにて追記をさせていただきます。




【事件の詳細について】

岡村容疑者は25日午後2時すぎ、
中川区尾頭橋の藤田保健衛生大学・坂文種報徳會病院で、
診療室にいた男性医師の首をナイフで刺し殺害しようとした
疑いがもたれています。

岡村容疑者は逃走していたが、その後、自ら110番通報し、
駆けつけた警察官によって熱田区内で身柄を確保されました。

調べに対し容疑を認めているという。

岡村容疑者は病院の患者で、
警察は男性医師との間で何らかのトラブルがあった可能性が高いとみて、
犯行に至った動機や詳しい経緯について調べています。

警察の捜査網のすごさに驚き、
自分で通報するあたりはとても潔いとも言えます。

それだけ捜査員の人数が大量だったことが物語っています。

事実、逮捕の瞬間の目撃談として、

「パトカー10台が停車していた」

とも言われています。

【犯行動機はなんだったのか?】

病院も評判を見ると、概ね好評です。



ただ、気になる点が一つあります。

全ての口コミに「待ち時間が長い」ということです。

お一人の意見に関して、

「予約していても30分くらい待たされるときもあります。」

とある様に、かなりの人数が患者として
診察待ちをされている現状がある様です。

岡村容疑者が過去にこの病院でトラブルを起こしていることがわかりました。

その原因となったのが、

「診察の待ち時間が長いとクレームをつけてトラブルになったことがあった」

ということです。

つまり、日頃から通院していて、いつも時間が読めずに、
常にイライラをしていた可能性があります。

一度、クレームを言っても、改善されている余地がなかったと判断し、
今回の犯行を思いついたと見えるのが妥当ではないでしょうか。

病院側もたくさんの方に来院していただくことは、
患者さんの意思によるところなので、
予想ができない状態です。

ましてや、今は冬という季節を考えると、
外科担当の意思に事件を起こしているので、
路面が凍結して怪我をした人が
来院していることが多かったかもしれません。

病院側への問題提起がこんな形になるとは、
本人も思っていなかったでしょう。

少しは反省して欲しいものです。




 

ピックアップ記事

  1. 食べ過ぎた時の対処は?
  2. 自己紹介欄は履歴書?
  3. スイーツを考える
  4. Facebookのカバー写真は何のためにある?
  5. カバー写真もマーケティング

関連記事

  1. 事件・事故

    上柿浩司 顔画像とFacebook調査 現場特定 交番前で警部補が泥酔して暴行事件!

    2月12日未明、神戸市垂水区の路上で、兵庫県警の警部補、上柿浩司容…

  2. 事件・事故

    磯川剛史 顔画像 Facebookや勤務先調査 股間に手が当たったのは偶然なのか?

    東京都内を走行中の京成線の電車内で、27歳の中学校の教師の男が17…

  3. 事件・事故

    カナン子育てプラザ21 事故はなぜ起きたのか? 保育園の方針から見える指導の罠に迫る!

    2017年4月善通寺市にあるカナン子育てプラザ21で、遊具で遊んで…

  4. 事件・事故

    藤田栄 顔画像 逮捕 吉祥寺駅 19才女性の前で全裸 ストレス発散で多数の女性に犯行か!

    東京の吉祥寺駅近くにあるデパートで全裸になり、女子大学生に対して下…

  5. 事件・事故

    長谷川京一 顔画像と犯行現場特定 お金を稼ぐためにコインパーキング泥棒を繰り返していた!

    コインパーキングの自動精算機を壊して現金を盗もうとしたとして、警視…

  6. 事件・事故

    斉藤牧恵 死亡 北海道新冠町本町 車正面衝突 事故現場特定 祖父の家に帰省中の惨劇!

    2017年12月31日夜、日高の新冠町の国道で乗用車と軽乗用車が正…

スポンサーリンク

最近の記事

最近のコメント

    1. ダイエット

      ドレッシングは必要ですか?
    2. ダイエット

      スイーツを考える
    3. Facebook

      カバー写真もマーケティング
    4. Facebook

      フェイスブック更新が全ての始まり
    5. Facebook

      自分の投稿がコンテンツになる
    PAGE TOP