事件・事故

宮下裕介 逮捕 実家判明 女児スプレー事件 地元民の犯行で家族は村八分になる!

12月19日、和歌山県田辺市で、
下校途中の小学3年の女の子が
男にスプレーを吹きかけられて重傷を負った事件で、
警察は田辺市の宮下裕介を逮捕した報道がありました。

意外に地元民の犯行ということで、
また反響も大きくなりそうです。

その詳細を見ていきましょう。



【宮下裕介のプロフィール】

名前:宮下裕介(みやした・ゆうすけ)
年齢:20才
住所:田辺市新屋敷町
職業:田辺市臨時職員

顔画像をお探ししたのですが、
Facebookもツイッターもありませんでした。

Facebookにはアカウントがありましたが、
同姓同名の可能性もあるため、
ここでは公開致しません。

また、意外だったのは、
地元の田辺市民だったということと、
臨時職員でも公務員だったということです。

田舎なので、噂はすぐに回っていくでしょうが、
心配なのは、そのご家族に今後です。

そこまで宮下容疑者は考えていたのでしょうか?



【スプレー事件の詳細について】

2017年12月19日午後3時すぎ、
田辺市で下校途中の小学3年の女の子に、
車から降りた男が近づき、女の子の顔に、
スプレー缶で液体を吹きかけた。


女の子は、顔全体が赤く腫れる炎症を起こすなど、
全治3カ月の重傷を負った。

女の子は、車から降りた宮下容疑者に
「トイレあるかな」と声をかけられたあと、
液体を吹きかけられたと説明しています。

宮下容疑者は容疑を認め、
液体は催涙スプレーだと話しているということです。

女児と宮下容疑者は面識がないということです。

防犯カメラの映像などから、
現場から逃げたシルバーの車を特定し、
宮下容疑者が浮上したという経緯です。

【宮下容疑者の実家判明】


こちらの画像をご覧ください。
宮下容疑者の実家としてニュース報道されていました。

お調べしたところ、下記場所にありました。

田辺市役所の近くにあるこのお店は、
昔からお米を営んでいた可能性はあります。

街の中心地にありますので、
ある程度の経営をされてきたのではないかと。

宮下容疑者は何を考えて、
今回の事件を引き起こしたのかは、
これから動機の解明になります。

ただ、一つだけ言えることは、
自分で計画をして、今回の事件を起こしたということです。

誰かに依頼されたわけではなく、
何らかの目的で、事件を起こしたという事実。

それが、自分の楽しみのためなのか?
それとも、何か自分をアピールしたかったのか?

全く持って想像ができませんが、
一番想像していかなったのは、
ご家族だと思います。

下手をすれば、
地元から引っ越しをしなければ、
生きていけなくなるかもしれません。

それほどの事をしたという自覚は今はあるかはわかりませんが、
これから一生をかけて、
その罪を償っていくことになります。

今後も、この事件で報道があれば、
随時お知らせをしていきます。



ピックアップ記事

  1. 友達になる前のメッセージは迷惑メール扱い??
  2. ドレッシングは必要ですか?
  3. プロフィール写真はお見合いレベルで
  4. スイーツを考える
  5. 自分の投稿がコンテンツになる

関連記事

  1. 事件・事故

    横山秀和(秋田商業高レスリング部監督) 顔画像特定 子供の進学便宜のため交際を迫った!?

    レスリングの元オリンピック選手で秋田市の秋田商業高校の横山秀和教諭が、…

  2. 事件・事故

    ドン荒川 現在亡くなっていた エピソード モハメドアリに戦いを挑んでいた!?

    プロレスラーのドン荒川さんが亡くなったことが2日、分かった。71歳だっ…

  3. 事件・事故

    伊藤智夫 顔画像とFacebook調査 犯行現場は? 父の介護に嫌気がさしての犯行か!

    父親の首を絞めるなどして殺害したとして、滋賀県大津市朝日2丁目の伊…

  4. 事件・事故

    西部邁(評論家) 顔画像 発見現場調査 多摩川に飛び込んだ理由はなんだったのか?

    1月21日午前6時40分ごろ、東京都大田区の多摩川河川敷で、通…

  5. 事件・事故

    大砂嵐 無免許運転 妻(画像動画)に身代わり依頼 嘘がバレて引退危機!

    大相撲の十両・大砂嵐が、初場所前の今月初め、長野県で無免許で車を運…

スポンサーリンク

最近の記事

最近のコメント

    1. ダイエット

      運動は必要?
    2. ダイエット

      ドレッシングは必要ですか?
    3. ダイエット

      食べ過ぎた時の対処は?
    4. Facebook

      自己紹介欄は履歴書?
    5. Facebook

      カバー写真もマーケティング
    PAGE TOP