事件・事故

小林孝一揚子 顔画像 茨城県つくば市東平塚殺人事件 犯行現場確定 防御創の意味するところは!

茨城・つくば市で2018年1月1日、
小林夫婦が殺害されているのが見つかった事件で、
2017年12月30日から遺体が見つかるまでの2日間に、
殺害された可能性があることがわかりました。

また、ご夫婦の腕には防御創の存在も明らかになりました。
詳細を見ていきましょう。



【犯行現場を特定】

以下の場所で犯行が行われたようです。

自宅の周りには木々が多く、
隣との家屋とは力がありました。

この状況ですと、
目撃証言が取りにくいと思われます。

声や音がしても、隣人には聞こえてこない状態です。
そのため、犯人逮捕に繋がる証言が
出てくるのが少ないのではないでしょうか。



【いつ殺害されたのか?】

この事件は、元日、つくば市の小林孝一さん(77)と妻の揚子さん(67)が、
自宅の2階で、2人の死因は平らな鈍器で殴られたことによる失血死で、


孝一さんは後頭部を中心に数か所、
揚子さんは顔や頭など十数か所を殴られていました。

その後の調べで、12月30日の午後6時ごろに、
揚子さんが家族と電話で話していることが判明しました。

警察は、12月30日から元日までの2日間に殺害されたとみて調べています。

つまり、この2日間に動ける人に限定できるということを指します。
年末の忙しい時期に小林夫婦とお会いできる人と考えると、
かなり犯人が絞れるのかもしれません。

【防御創の意味を知る】


2人の腕には抵抗した際にできる
皮下出血や骨折といった防御創があったことが分かりました。

警察は、犯人が抵抗する2人を強い殺意のもと
執拗(しつよう)に殴ったとみて調べています。

つまり、小林夫婦の目の前に犯人がいて、
対峙した状況で犯行に及んだということになります。

平らな鈍器で殴られるのを避けるために、
自分の腕で鈍器を受けた時についた傷のことを「防御創」と言います。



つまり、小林さん夫婦は何とか逃げたいという思いがありながら、
さらにその上から鈍器で殴っているということを考えると、
かなり強い感情を持って繰り返し犯行をしているということになります。

隣人は

「良い方だ。悪いことは言う人はいない」

という証言があるように、
真面目に生きてきたご夫婦というのは
地元の人の方がよくご存知なようで、
反対になぜ強い感情を持った犯行をした犯人がいたのかが、
不可解になります。

まだまだ謎が多いこの事件。
引き続き、警察は捜査を続けていますので、
新しい事実が出てきましたら、
こちらにて追記をさせて、お知らせをいたします。



ピックアップ記事

  1. 何を食べれば良いですか?
  2. NHK 受信料 断り方(最新2018年) しつこい時や一軒家やアパートでも居留守…
  3. 野菜ジュースって体にいいの?
  4. 運動は必要?
  5. 友達になる前のメッセージは迷惑メール扱い??

関連記事

  1. 事件・事故

    木本剛太郎 顔画像Facebook調査 現場はドコ? 小学校低学年男児2人にわいせつな行為! 

    小学校低学年の男児2人にわいせつな行為をしたとして、浦和署は24日…

  2. 事件・事故

    馬場俊弥 顔画像Facebook調査 現場はドコ? 犯行動機は親子喧嘩から?

    福岡県大木町で母親を殺害しようとしたとして、23歳の息子・馬場俊弥…

  3. 事件・事故

    上瀧今佐美 顔画像Facebook調査 現場はココ 福岡職員摘発ば飲酒運転14人目 過去の教訓は生か…

    道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで、福岡市の部長級職員、上瀧今佐美容疑…

スポンサーリンク

最近の記事

  1. ダイエット

    野菜ジュースって体にいいの?
  2. ダイエット

    スイーツを考える
  3. Facebook

    プロフィール写真はお見合いレベルで
  4. ダイエット

    ドレッシングは必要ですか?
  5. ダイエット

    食べ過ぎた時の対処は?
PAGE TOP