ダイエット

調味料を考える

和食を追求すると、
素材と調味料に行き着きます。

その二つの中で、
素材を良くすることは誰でも意識すること。

「痩せやすい食べ物をより多く食べる」

それは基本中の基本です。

でも、さらに感覚が鋭くなってくると、
実は調味料も追求が始まります。




【調味料をきちんと見ていますか?】

調味料と言っても、多種多様です。

スーパーに行けば、
「醤油」だけでも何品目あるでしょうか?

でも、今まで購入していたものよりも、
もっと高価なものを一度手に取って見てください。

すると、ある事実に気がつくと思います。

実は、
調味料にも添加物が入っているものと、
入っていないものがあるということを。

【安いものほど添加物が入っている】

醤油の原材料は

大豆
小麦

のみで製造されるのが、
昔からの醤油です。

それ以外の材料が入っているものは、
添加物になります。

アミノ酸液
糖類
アルコール
調味料(アミノ酸等)
カラメル色素
甘味料(ステビア、甘草)
ビタミンB1

主原料の大豆も、

「脱脂加工大豆」

という油を搾った後の大豆カスを使用している場合があります。

いわゆる、

「醤油もどき」

を製造していることになります。




【本物の醤油を使うと】

安い醤油は、いろんな添加物を摂取することになり、
自分の味覚が少しずつズレていくことになります。

日本人はとても繊細にできていて、
だしの違いを感じることができるほどです。

世界の人から見ても、
これができる民族は日本人しかいません。

その機能を働かせなくなってしまう可能性があるからです。

そこで、一度、本物の醤油をつかってみてください。

実は、本物の醤油を使うと、
あることがわかります。

それは、

「少量で十分味が感じられる」

ということ。

【本物は高価ではない】

最初に購入するときの金額は
安い調味料よりはるかに高くなります。

しかし、実際に使っていくと、
とても少量で味が付くので、
今までのような量を使わなくなり、
とても経済的になります。

さらに、添加物が入っていない分、
自分の体に余分なものが入ってこないために、
体の機能回復にもなるのです。

【いきなりは難しいけれど、少しずつ変化しよう】

味噌、醤油、みりんなど、
和食が生んだ歴史ある調味料です。

昔からある製造のものを使うことで、
食事が豊かになります。

外食もいいのですが、
自宅の食事の調味料を見直すだけでも、
味覚のダイエットになります。

ダイエットの基本は食べるものをきちんと精査する。

そこから見直しをかけるだけでも、
意外に痩せ体質が手に入りますよ^^




ピックアップ記事

  1. Facebookのカバー写真は何のためにある?
  2. 野菜ジュースって体にいいの?
  3. ドレッシングは必要ですか?
  4. 運動は必要?
  5. プロフィール写真はお見合いレベルで

関連記事

  1. ダイエット

    お酒はダイエットの大敵

    暑い夏。そこにビールが美味しくなる季節。でも、そのビールが…

  2. ダイエット

    痩せて手に入るもの

    3ヶ月で10kgの減量に成功して、さらに体重を落とすためにまだプロ…

  3. ダイエット

    肌を露出する

    夏が近づいてくると肌を露出する季節がやってきます。どうして…

  4. ダイエット

    考えて食べていますか?

    忙しい現代。食べる時間さえも、スマホを触って、ゆっくり味わうこ…

  5. ダイエット

    フルーツは大事

    フィリピン産バナナが治安の悪化で輸出が減少しています。1973…

  6. ダイエット

    何を食べれば良いですか?

    「痩せる」と一言で言いますが、その原理は次の通りです。…

スポンサーリンク

最近の記事

  1. ダイエット

    野菜ジュースって体にいいの?
  2. ダイエット

    ドレッシングは必要ですか?
  3. ダイエット

    運動は必要?
  4. ダイエット

    スイーツを考える
  5. Facebook

    Facebookのカバー写真は何のためにある?
PAGE TOP