Facebook

あとからコッソリと出すだけ…

先日、出向いた海鮮丼を食べに行ったお店の話。

そこで起こった出来事から
ある一つの答えを見出しました。

当たり前にやることではないですが、
ちょっとした考え方で、
使えるものでした。



<h3>【殺到と登場する海鮮丼】</h3>

注文すると、
手際よく作られた海鮮丼が運ばれてきました。

ある程度、箸が進んだところで、
店員さんがさっと横から、

「ハマチのお刺身が2切れとわさび」

が乗った小皿が出してきました。

このタイミングがまだ絶妙で、

「もう何も出てこないな」

と完全に思い込んでいた矢先のサービス。

「正直言えば、やられました。。。」

というのが私の感想です。

終わったと思ってからのダメ押しサービス。
これは、ファンが付いて当然です。

さらに、お客様しか知らない情報として、
海鮮丼に出汁を入れてもらえるサービスがあり、
出汁お茶漬けにしてくれました。

「一つの海鮮丼で2度美味しい味が楽しめる」

たった、海鮮丼だけですが、
ここまで行き届いたサービスにしている珍しいお店でした。



【今のFacebookで振り返ると】

最近、Facebookで

「有料級の情報はLine@にて」

などが、
いろんなところで見られるようになりました。

いわゆる、「出し惜しみ作戦」です。

確かにその手法もいいのですが、
どうしてもきな臭い感じを受けてしまいがち。

そうではなく、
今あるもので徹底的にサービスにこだわって、
出し惜しみをできるだけせずに、
Facebookで全部出し切って、
自分のことを知ってもらった方がいいのではないかと。

まさか、ここまでやらないだろうと思っていたら、

「まだあった!」

という方が読まれる人の信用を得られると考えるから。

「出し切ったら、どうしよう・・・」

と不安に思う人は多くいらっしゃるでしょう。

しかし、そのようには考えずに、

「出し切ったら、また考えればいい」

と受け止めてみてください。
自分を追い込むからこそ、人は成長します。

それを毎日繰り返すだけで、
自分自身を進化させることになるのです。

あくまで個人的な意見なので、
正解は色々とあると思っています。

しかし、今は無料で出し切っても、
良い時代になったと思います。

例えば、キングコングの西野亮廣さんが製作した、
絵本は全文をインターネット上に公開しました。

本を購入できない人向けに公開したということですが、
それをしても、今でも売れ続けている事実があります。

本当に欲しい人のニーズに対して、刺激を与えることで、
後から爆発的に売り上げを立てるのが、西野流の販売戦略です。

出し惜しみは自分の器の小ささを露呈させてしまいます。

反対にこれでもかというくらいの情報発信をすることで、
人からの信用と信頼を勝ち得ることに繋がります。

今、あなたはどんな形の情報発信をしていますか?



ピックアップ記事

  1. Facebookのカバー写真は何のためにある?
  2. 野菜ジュースって体にいいの?
  3. スイーツを考える
  4. 何を食べれば良いですか?
  5. カバー写真もマーケティング

関連記事

  1. Facebook

    Facebookのカバー写真は何のためにある?

    Facebookに登録して行う作業の中に、カバー写真を登録がありま…

  2. Facebook

    カバー写真もマーケティング

    実は先日、カバー写真を変更しました。理由は、最近の発信内容から…

  3. Facebook

    自撮りの有効性

    2016年9月からFacebookを研究し始めて、いまだに克服でき…

  4. Facebook

    メッセンジャーの返信スピードが速いほど仕事ができる人に思われる

    誕生日に、とても仕事ができる方からお祝いメッセージをいただきま…

  5. Facebook

    コメントがついたら、きちんと返していますか?

    毎日、記事を投稿して、たくさんの「いいね」や「コメント」をいただく…

  6. Facebook

    友達になる前のメッセージは迷惑メール扱い??

    先日、ランチでお会いした方とこんなお話をいただきました。「…

スポンサーリンク

最近の記事

最近のコメント

    1. ダイエット

      何を食べれば良いですか?
    2. Facebook

      フェイスブック更新が全ての始まり
    3. Facebook

      自己紹介欄は履歴書?
    4. Facebook

      友達になる前のメッセージは迷惑メール扱い??
    5. ダイエット

      運動は必要?
    PAGE TOP