ダイエット

ドレッシングは必要ですか?

サラダを食べるというと必ず付いてくるのが、
ドレッシング。

吉◯家でサラダを注文すると、
ドレッシングの種類を聞かれて、
欲しいものを注文できたりする。

また、ま◯屋は、
ドレッシングがテーブルに常備されていて、
好きなものを選んで使うことができます。

また、ドレッシングの場合、
原材料表示をしているところとしていないところもあり、
何が入っているかがわからないものを食べてしまうリスクもあります。

冷静に考えて、
サラダにドレッシングで必要なんでしょうか?



【ドレッシングを考える】

ドレッシングを紐解いて見ると、

粘性は高いものから低いものまで様々な種類があり、
酢・油・塩をベースに、香辛料・ハーブ・酒等を加えて作ります。

油脂を全く含まず、
「増粘多糖類」でとろみをつけた、
脂質が全く、あるいはほとんど含まない低カロリーのサラダドレッシング、
ノンオイルドレッシングも販売されています。

基本的なことから見ると、
調味料を調合して作るもの。

 

でも、保管するとなると、
それなりの処置が必要になります。

【なぜドレッシングが必要なのか?】

一言で言えば、

「野菜に味がないから」

と回答をされる方がほとんだと思います。

 

でも、本当は野菜に「味」があります

「味」という概念が感じられる人が
現代では少なくなってきたのと、

野菜自体に味のパワーが
「少なくなった」ということも挙げられます。

 

また、苦味を感じる野菜が多くなったので、
それを隠すためにもドレッシングを使うということもあるでしょう。

 

苦味が出る仕組みはまた別の機会に譲りますが、
本来の状態になっていないと覚えておいてください。



【ドレッシングには添加物が多く入っている】

一番最初にドレッシングについての記載にも書かせていただきましたが、
ドレッシングは添加物が入ったものが多く存在しています。

反対に、添加物が入っていないものを探す方が
より困難になっていると過言ではありません。

(手作りした方が早いという見方もあります)

 

実は添加物を多く摂取すると、
味覚を狂わせてしまう可能性が高くなり、
それが原因で太りやすい食生活になってしまうことがあるからです。

 

野菜のことを追求して15年になりますが、
その間、ドレッシングを自分で使うことはありませんでした。

ドレッシングを使うと、味覚が鈍化してしまい、
わずかな変化も感じ取れなくなります。

それによって食べすぎてしまうという

「悪循環」

を生み出す原因にもなるのです。

 

まずは添加物を排除する生活を意識してください。

 

たった一つのことを意識するだけで、
味覚が変わり、そこから痩せ体質のきっかけになります。

 

私はこれからもドレッシングを使わずに、
野菜を食べていきます。

不要なものをできるだけ取らない生活。

地道ですが、確実に痩せるには一番の基本的な方法ですよ^^



 

ピックアップ記事

  1. 何を食べれば良いですか?
  2. 下里優 顔画像Facebook調査 盗撮犯に恐喝! 犯行現場を押さえてお金を脅し…
  3. 運動は必要?
  4. 食べ過ぎた時の対処は?
  5. スイーツを考える

関連記事

  1. ダイエット

    肌を露出する

    夏が近づいてくると肌を露出する季節がやってきます。どうして…

  2. ダイエット

    野菜ジュースって体にいいの?

    「野菜ジュースは体にいいから飲んでいます」ダイエットをする人の…

  3. ダイエット

    イチローのライフスタイル

    イチローのライフスタイルから学ぶこと大リーグで活躍しているイチ…

  4. ダイエット

    何を食べれば良いですか?

    「痩せる」と一言で言いますが、その原理は次の通りです。…

  5. ダイエット

    運動は必要?

    ダイエットをするなら「運動をする必要がある」と思う人は…

  6. ダイエット

    化学肥料とダイエット

    以前、会社員時代に農産物バイヤーをしていて、日本全国を出張…

スポンサーリンク

最近の記事

  1. 事件・事故

    下里優 顔画像Facebook調査 盗撮犯に恐喝! 犯行現場を押さえてお金を脅し…
  2. Facebook

    Facebookのカバー写真は何のためにある?
  3. ダイエット

    スイーツを考える
  4. 生活豆知識

    NHK 受信料 断り方(最新2018年) しつこい時や一軒家やアパートでも居留守…
  5. Facebook

    友達になる前のメッセージは迷惑メール扱い??
PAGE TOP