Facebook

Facebookのカバー写真は何のためにある?

Facebookに登録して行う作業の中に、
カバー写真を登録があります。

実はここに多くの方があまり注意を払っておらず、
とても勿体無いことをしている方が多数いるのが現状です。

その点に関して、紐解いていきたいと思います。



【カバー写真はなんのためにある?】

「カバー写真は何のためにあるのか?」

といえば、
一番わかりやすいのは、

「リアルな店舗の看板」

に相当するといえば、
より理解が早いと思います。

友達申請をした相手が、
まずは自分のFacebookページに見に来ます。

その時に最初に見るのが、
「カバー写真」です。

ここをほとんどの方が何も入れず
放置しているのが現状です。

「お店なら、どんなお店なのか?」

を明確にすることが必要です。

それをそのままにしていて、
勿体無いことではないでしょうか?



【写真だけではなく、メッセージも入れる】

ただカバー写真に画像を入れている人もいらっしゃいますが、
それだけにしている人も多いのが事実です。

お店であれば、看板に必ずメッセージを入れています。

例えばラーメン屋で見てみると、

「とんこつ ○○屋」
「つけ麺  ○○」

など、どんな種類のラーメンを提供しているのかを、
明示しているお店です。

他にも居酒屋で見ても、

「海鮮料理」
「焼き鳥」
「○○鍋」

などの料理の種類を明示するものもあります。

それと合わせて、

「大衆食堂」
「日本海の海鮮料理」
「イタリア直輸入」

お店の雰囲気などもお知らせする内容も明示しています。



【写真とメッセージのコラボであなたを伝える】

ただ、写真を入れるだけではなく、

自分はどんな人なのか?
何を目指しているのか?
こんな目標を持っている

などを明示することで、
より自分のことを理解していただけるきっかけになります。

より具体的に一瞬で自分を伝えられることは何があるだろうか?

この観点で考えていくと、
カバー写真の全体イメージが明確になっていきます。

名無しの権平にしていては勿体無いです。

自分のページに来ていただいた方と仲良くなるための、
最初のきっかけが「カバー写真」です。

自分の代わりに、
24時間ずっと稼働してくれて、
友達をどんどん増やしてくれるカバー写真。

だからこそ、
しっかりと作り込むことで、
友達の増え方も全く変わります。

あなたのことをまずは興味を持ってくれるか?
それとも何も感じずに去っていくのか?

人に出会った時、最初に渡す名刺のごとく、
自分のことを伝えてくれるカバー写真をしっかりと見直してみませんか?

ピックアップ記事

  1. プロフィール写真はお見合いレベルで
  2. 野菜ジュースって体にいいの?
  3. Facebookのカバー写真は何のためにある?
  4. 自分の投稿がコンテンツになる
  5. 一日何回食べていますか?

関連記事

  1. Facebook

    Facebookは密かに変わっていく

    今年になって、Facebookのデザインが変更されました。…

  2. Facebook

    いいねの発信力

    Facebookの運用方法を2017年の7月5日から変更してからと…

  3. Facebook

    自撮りの有効性

    2016年9月からFacebookを研究し始めて、いまだに克服でき…

  4. Facebook

    自分の投稿がコンテンツになる

    Facebookに自分の考え方をまとめ出したは、2017年8月のこ…

  5. Facebook

    自己紹介欄は履歴書?

    Facebookを活用するための入り口として、自分の個人データーを…

  6. Facebook

    私もお会いした人だけを友達にしていました

    ほんの以前まで、私自身、直接お会いした人だけを、フェイスブック…

スポンサーリンク

最近の記事

最近のコメント

    1. Facebook

      フェイスブック更新が全ての始まり
    2. ダイエット

      食べ過ぎた時の対処は?
    3. Facebook

      カバー写真もマーケティング
    4. ダイエット

      何を食べれば良いですか?
    5. ダイエット

      ドレッシングは必要ですか?
    PAGE TOP